So-net無料ブログ作成

プロデューサーズ [映画]

舞台が面白かったと聞いて、映画版「プロデューサーズ」を見に行きました。
なんつーか……苦笑。
すんません。何の予備知識もなく見に行ったんですが、
TVスポットでおすぎが「この映画サイコー〜〜〜!」と唐沢さんとカマっぽく(いや、片方は本物か…)叫んでいたのをぼんやり思い出したときにはもう遅い。
私はおっさんのおかまが放つギャグを理解する素養がないらしい。
おかしい…トーチソング・トリロジーのときは、だみ声のおかまさんがかわいいと思ったのだが?

物語はとあるブロードウェイのプロデューサーが、大コケした舞台の帳簿をチェックしに来た会計士の言葉から、思わぬ事を考えつく。
打ち切りになった方が舞台は儲かるという。それなら、わざとこけさせる舞台をつきれば良いのだと……。
その会計士と組んで、史上最悪の脚本家・演出家を探すのだ。
その史上最悪の脚本とはネオナチ(?)の脚本家の書いたヒトラーのミュージカル。
それを演出するのが、ゲイのおっさん演出家。
はたしてどんな舞台が出来上がるやら?

とにかく「濃い」です。
キャストの演技のわざとらしさや(舞台だと気にならないが映画はねえ?)
ヒステリックな掛け合いはちょっと引きます。
それでも後半の肝心のミュージカルは、ある意味笑えた。
歌い踊るかまっぽいヒトラーおじさんは、青池保子先生の「イブの息子たち」に出て来たヒトラーおじさんそのものだ。アメリカ人のあやしいドイツ人観がよくわかる。
監督はメル・ブルックス。なんと自分のデビュー作をブロードウェイでミュージカルにし、さらにもう一度それを映画にするとは、よほどこの作品に愛着があるに違いない。
ハチャメチャな展開でいつの間にか二人のプロデューサーの間には友情が芽生え、ハッピーエンド。なんだかんだと言いつつ、ねじ伏せられて納得して劇場を出る。あまり深く考えてはいけないってことね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画のパンフレットを大量処分したいけど… [映画]


押し入れの中をのぞくと、段ボール箱がいくつも入ってる
もう何年もそのままだったのを引っ張りだしてみたところ…
映画のパンフとコンサート、演劇、バレエ、展覧会…パンフレットがでるわでるわ。
確か数年前に映画パンフを結構捨てたはずなんだけど、まだあったわ〜
数えてみたらパンフとプレスで300冊弱……どうすんだろう、これ。
映画を見たときはだいたいパンフレットを買います。
でも、みんなパンフレットってどうしてるんだろう?とっとく?捨てる?
私はどうも捨てられない性格の様で、みんなとってあります。
しかも分類好きなので、名前順とか、ジャンル順とかちゃんと分けてしまっておくと…苦労した分捨てられない。
本棚に入れようにも私の本棚はもう歪むくらいに本が入っているので、
これ以上本が増やせない〜
もっともパンフは形がまちまちで、本棚に入らないか。そんなんで段ボール箱入りでした。
読み返すと映画の思い出が蘇り楽しいんだけどね。でも限界。
ネットで調べても、買い取りをしてくれる所は少ないです。
オークションに出そうにも300枚写真取るんか?
とりあえずリストを作って、古本やさんにいくつかメールを入れてみました。
でも、古本屋さんの条件はどこもほぼ同じ1980年以前のものとか、全国公開作品以外とか…前に処分したものの方が当てはまってたような(苦笑)
それに、パンフっていい紙使ってるから、重いのよ。
300冊、私持てません。
とりあえずこんな映画を見てました。
リストのアドレスはこれ
写真はリストを作るため部屋中に広げられたパンフたち。
一応あいうえお順に分けてあります。
メジャーな映画ばっかり見てますね。
しかもSF、アクション、サスペンス多し。ラブロマンスの少ないことったら…
あ、でもミュージカルとかは見てるか。
だいすきなジョニデ(ジョニー・デップ)の映画パンフはこのリストにいれてません。
お気に入りの映画だけは、机の前の本棚にしまってあります。これだけは売らないし、手元にすぐとれるところにあるので、リストを作ってません。
今年の目標はいつでも引っ越せるくらい(引っ越さないけど)身軽になること。
コレクションが以上に多い(コレクションしているものというより、コレクションのジャンルが多い…)ので、ひとつひとつ地道に処分してます。
まとめて引き取ってくれるところが見つかるといいな…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今更ながらハリポタ見ました [映画]

こんな時期になってやっと『ハリーポッターと炎のゴブレット』見てきました。
実は私、原作読んでません。原作を知る人にあらすじだけ、と言われていますが、十分楽しめましたよ。キャラクターがみんな個性豊かでテンポが良いから、わかりやすく飽きさせないところが良いのかもしれません。
ハリポタの世界は、イギリス人ならではという感じです。
作中出てくるゲーム「クィデッチ」が、クリケットとポロが混じったような複雑さだったり。
観戦するのにテント村ができる熱狂ぶりとか…。
ドラゴン一つ(一匹?)とっても種類と性質にうんちくありそうだったり。
(イギリスの農場歩きをしていると、必ずこの牛はジャージー種だとか、羊はメリノ種だとか、種類を事細かに説明された事を思い出しましたよ)
そういえば、ハリー達がクイディッチ・ワールド・カップを見に飛んで降りた所は、ドーバーでしたね。有名なセブン・シスターズ(という名称の岸壁)がはっきりと映し出されていました。
でも人間の私にはスタジアムは見えなかったようです(笑)
映画が終わってエンドロールが流れ出し(映画は必ずエンドロール見ます)、最後にお決まりの文句「撮影中いかなる動物も傷つけてません…」みたいな注意書きが「No Dragon was harmed ...」になっているのに爆笑しました。ドラゴンいねぇって。
(余談ですがモンスター・インクでもNo monster was harmed だったらしい)
そんなユーモアが、好きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ファンタスティック映画祭 [映画]

日曜はファンタスティック映画祭のクロージング「ナイトウォッチ」を見に行きました。
会場入り口にはトルーパーやダース・ベイダーがお出迎え〜

このロシア映画はハリウッドにはないアバンギャルドなSFともホラーともつかない、不思議な作品です。
原作はロシアでベストセラーになった小説らしいのですが…
【遥か昔、闇と光が戦いの中先日手となった時、その命運を異人(アザース)と呼ばれる種族に託した。
異人達は人間社会の中でとけ込み暮らしているが、必ず光か闇かどちらにつくか、決めなければならない。光の側に立つ者達は闇の監視人「ナイト・ウォッチ」となり、光と闇の協定を破る物を取り締まる。】
実はこのクロージング上映のあと、一般公開は中止になるかも知らないのです。
フォックスが残酷なシーンがある等を理由に、公開を中止しようとしています。
そこで、ファンタスティック映画祭で、公開嘆願書を配っていました。
この作品は3部作で、次の「ディウォッチ」の製作がまさに始まろうとしていたところだけに、残念です。
…っていうか、ここで終わるなよ〜続きを見せて〜〜〜〜!!!
ハリウッドにはない感覚…たしかにバイオレンスではあるけれど、この程度で公開中止???
荒削りだし、詰め込みまくってるけど…ロシア人の顔の見分け付かないけど(笑)、でも、面白かったです。公開を望みます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog