So-net無料ブログ作成
検索選択

ポール・ウェラー@Zepp DiverCity Tokyo 10/27(土) [music]

久しぶりのライブ!ポール・ウェラーは決して落ちない星のよう。
私の人生の半分以上、彼の音楽とともにいます。
彼は常に変わる事を恐れない、だからこそ今まで忘れ得ぬ存在となっているのかもしれない。

最初に彼の名前を聞いた時、学校の友達が「なんかイギリスでジャムって言うバンドがあって、すごいんだって!」と言い出した。そして来日するというのを聞いて、中野サンプラザのライブに行きました。(ここいらでもう歳ばればれね)
当時まだコンサートは着席のみ。ところが突然ローディーが舞台のマイクをつかみ「みんな前に出てこい!!」と叫び、みんないすを飛び越えステージに殺到、そして始まった今まで聞いた事のなかった音楽。本来ならコンサートは中止になってしまうような事態だけど、もうあの熱気は誰も止められなかったのかも。実際警備員も「女の子を前に出せ!」と協力してくれて、おかげでステージに張り付いてみることができました。実はその時まだジャムを聞いた事なくって(それでよくライブ行ったよな)、初めての音楽にしばし呆然。レコード買ったのもその後で、ポール・ウェラーという名前も、終わってからパンフレット読んで知ったのでした。
そしてコンサートの後、彼らは楽屋口から出てきて、みんなにサインをしてくれたり、すっかり彼らに夢中になりました。(余談だけどその次に来日したときは、最初からサイン用に机出してサイン会やった)。それはそうとブルースの写真の上にポールはサインしてくれたよ…なぜ?

そんな事から始まったひよこが初めて見たものを親と思うがごとく、ポールはすっかり私の中にインプリンティングされてしまった訳ですよ。ロンドンに何度か行ったのも、彼らの音楽に興味を持ったからというのが大きい。
そして月日が流れ、ジャムからスタカン、ムーヴメント、そしてソロと聞き続けて今に至ってます。

昔は絶対にJAMの曲なんてやらなかったのが、いまはこだわる事なく演奏するようになったのは、今やミュージシャンとしての自己が揺らぐ事ないと思っているからかな?でももちろんアレンジはかなり違うので、むかしのアルバム聞くとびっくりします。
今回のライブでもJAMやスタカンの曲を何曲かやりました。The Cost Of LovingやるときもYou might know....なんてポールは言ってたけど、若いファンもすごい盛り上がるのがちょっと嬉しい。リアルタイムにライブで聞いてたよねって人も多分ちらほらいるような…
今回色々アレンジした曲が多かったような気がします。前の曲も今の彼の曲になっているってかんじ。
My Ever Changing Moodsと From The Floorboards Upはみんなで大合唱しましたよ。

オールスタンディングのコンサートでは、背の低い私は不利です。あきらめて後ろでまったりするのもいいけど、ちょっとがんばっちゃいました。前回舞台左側に行ったら、ポールは左向きが多いので、顔が見えなかったり、キーボードがまるっきり見えなかったので、今回は右端へ突進。いつもポールのコンサートで見かける女性陣のいるあたりは、背の高い人がいなかったので、前から2番目くらいの端っこで見てました。相変わらずスタイリッシュでかっこ良かった(ミーハー)

さて、ライブごと曲目や順番、全部違うようで、私の見た東京最終公演のセットリストを最後に載せておきます。ちょっと通なセトリだったね(笑)

2012年10月27日 土曜日 Paul Weller@Zepp DiverCity Tokyo

01. Up The Dosage
02. That Dangerous Age
03. 7&3
04. Start!!
05. Friday Street
06. The Attic
07. The Cost Of Loving
08. When our Gardens Over Grown
09. Kling I Klang
10. All I Wanna Do
11. How Sweet It Is To Be Loved By You
12. Pieces Of A Dream
13. Fast Car Slow Down
14. Moonshine
15. 22 Dreams
16. Long Hot Summer
17. Dragonfly
18. Into Tomorrow
19. Above The Clouds
20. Foot Of The Mountain
21. Around The Lake
---encore1---
22. My Ever Changing Moods
23. From The Floorboards Up
24. Porcelain Gods
25. Stanley Road
26. Whirlpools End
---encore2---
27. Broken Stone
28. The Changingman
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。