So-net無料ブログ作成
検索選択

ハオルチア輸入のリスク [Haworthia]

これが最後の共同輸入と思って、輸入先に選んだのはオランダのティシュー・カルチャーですが
これが思わぬ苦労になってしまいました。
注文をするのに、ちょっと面倒くさいことをお願いしたのがまずかったのかな?
今となってはいろいろ考えちゃいます。
梅雨を心配して、なかなか届かない荷物を捜しました。注文して1ヶ月。航空便で送ったはずよね。
税関や国際郵便局に問い合わせたりしていたのですが「日本に着いてない」と言われるのみ。
オランダに問い合わせれば「日本に着いてる」
どっちよ? と、電話をかけた翌日、まるでタイミングを計ったみたいに家に届きました。
今回は全ての苗が梱包を解かれて、包み直されたようです。検疫のシールが全部のつつみに貼ってありました。
しかし…なんでこんなに紙が湿ってるの???
いやな予感がして、どきどきしながら包みを解いてみると……
案の定コンディション悪かったです。
ロックウッディは外側が溶け始めていたので、あわててむしりとました。色々な苗の根っこはかびて白くなってます。
ピクタ錦もあやうく溶けるとこだったし…この季節にそもそも輸入は無謀でしたね。
そして、もはや原形をとどめないベヌスタ……しくしくしく…
とりあえず証拠写真を撮り、翌日郵便局の人に来てもらい、立ち会い検査をお願いして、証明書を書いてもらいました。
会社をお休みしたのでなんとか出来たけど、これができないと賠償請求できないのです。
検疫の梱包し直した時はベヌも原型を保っていたはずです。でなきゃ包めないですよ。開けた時はすでにスライムだったもの。
今回のように状況から日本に着いてからのトラブルだと、賠償も認めてもらえそ。
国際郵便の損害賠償額は、荷物の重さで決まります。…ってことは植物のように軽いのは不利ですね。
心配ならば、賠償額をふまえて、小分けで送るのも手だと。

今まで色々輸入してきて、だいぶんぽかが多くなってしまってきていたので、あんまり人に迷惑をかけるのも申し訳ないなと思っていたところです。注文したつもりが、注文されてなかったり、数が足りなかったり、いろいろやってしまってます。
何がこわいって、自分のもの以外の失敗です。
自分のものだったら、間違おうとダメになろうと「これも又勉強」と思えるのですが、
人様のとなるとね、真っ青です。
これに懲りて、という訳でなく、もともとの予定でしたのでしばらく輸入はお休みです。
でも、今まで輸入したところの様子とか、トラブル対処法とか、メールでどんなやりとりしたかなど、
紹介するページをサイトの方でおいおい作りたいなと思います。
今までおつきあいしてくださったみなさま、ありがとうございました。

輸入した子達は、可愛くなってきたら写真紹介したいです。秋くらいかな?
それまで生き残ってね〜〜。

P5280010.JPG

写真はぜんぜん関係ないけど、ベランダになった桑の実。
実を蒔いたら、一個だけ超小さい芽が出ました。無事育つと良いな〜。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

しょうちゃん

今晩は~。

今回は大変お世話になりました!
ご苦労をおかけして、かえって申し訳ないです。

サイトの更新楽しみにしてます!!
また良い苗を輸入される時は、こっそり声をかけて下さいね(笑)

by しょうちゃん (2008-06-22 22:45) 

hiller-may

しょうちゃんさん、
残念な結果ですみません。
またなにか機会があったらよろしくお願いします〜
by hiller-may (2008-06-29 13:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。